スマートフォンで冷え性になる!?

スマートフォンで冷え性になる!?

LTEの通信網が広がり、どこにいてもつながるようになった携帯電話には、いくつかの問題点があります。
その一つに歩きスマホによる、事故や事件です。
これが原因で命を落とした人も実際に存在します。
スマホの一点に集中しすぎると、周りが見えなくなるのはもちろんですが、自身の体にも決して良くはありません。
薬用養命酒で知られている養命酒製造が冷え性に関するこんなアンケートを実施しました。
それはスマートフォンを使っている『女性たちに緊張感による冷えや不眠が起こっていないか』というものです。
15歳から59歳の女性1000名の方がアンケートに答えています。
まずはスマートフォンを利用している時間についてですが、平均で一日なんと3時間25分も利用していることが判明しました。
アンケートに答えた人の中には、6時間以上もスマートフォンを使っている人もいます。
その次にスマートフォンを利用している時に心身の緊張やストレスについて自身の状態の問診を行いました。
すると、『リラックスができない過緊張な状態の人』が3人に1人の割合で存在したのです!
また、この質問で過緊張に当てはまる人の多くは重度の冷え性も抱えていました。
その後のアンケートでも、スマホを多く利用している人体の不調も約6割の人が感じており、睡眠についてもぐっすりと眠れていない人が5割以上存在したのです。
過緊張により睡眠が足りておらず疲れを感じ、不眠で女性のホルモンのバランスは崩れ、そして冷え性を引き起こしています。
充実した毎日にしたければ、スマートフォンの画面と向き合う時間はほどほどに。